葬儀費用を積み立ての進め方|不動産のことは須田英祐が代表のキラックスへご相談下さい。

有限会社 キラックス
mail
タイトル画像

FAQ

自分の葬儀費用を積み立てるにはどのように進めればよいですか?

主人はまだ60代になる手前で癌を患い、何度か手術をしましたが3年前に亡くなりました。定年前の早期退職を選んだことで退職金は多めに頂きましたが、私は1人になり寂しく暮らしています。自分も今後いつ、何が起こるか分かりませんし、一人娘に金銭的な事では迷惑をかけたくないため、終活に向けて出来ることを進めたいと考えています。自分の葬儀費用も今から用意しておきたいと考えているのですが、そのようなことをどこへ相談してよいか分かりません。葬儀社を探すのがよいのでしょうか?

answer

互助会制度はいかがでしょうか?

葬儀にはまとまった費用がかかるため、あらかじめ積み立てをしておくか、葬儀費用として貯蓄し備えておくことが理想です。そのため、急な葬儀費用の捻出に遺族が困惑することがないよう、自分の葬儀費用を積み立てたいと考える人は少なくありません。
葬儀費用の計画的な積み立ては、冠婚葬祭互助会を利用するのが一つの方法です。互助会はお手頃価格の料金プランが多く用意されており、無理なく積み立てることが出来るのが特徴です。この互助会の代理店を務めているのが須田英祐が代表のキラックスで、こちらに加入することで様々なメリットを受けることが出来ます。満期になってもご利用の権利は永久継続するため安心。転居や名義変更も可能なため、今後お住いが変わってもお客様の権利は守られます。他にもシニア世代のお客様を中心にしたコンサルティングを行っているため、心配事に対しよいアドバイスをくれるでしょう。

PageTop

mail