不動産のキラックスにお任せ下さい。

有限会社 キラックス
mail

不動産のキラックス【ポイントとFAQ】

キラックスは須田英祐が代表を務めている会社です。不動産に関するさまざまな悩みに対応する事業を展開しています。不動産事業と互助会事業によって成立している会社がキラックスです。平成7年に成立されて、それ以来多くの顧客のためにサービスを提供してきた実績があります。時代とともに社会の環境やニーズはどんどん変化しているのですが、それらにしっかりと対応してきたのがキラックスです。そんなキラックスの不動産事業では、法人や個人を問わずにサービスを提供しています。不動産仲介業務では、小回りの効くサービスを実施していて、オーナーと連携を取りながら細かな要望にもしっかりと対応しているのが特徴です。不動産の相続相談も受けつけていて、依頼者の希望をできるだけ実現するために努力します。独自の情報網を有しているため、相続物件に関して柔軟な対応をすることができます。

キラックス 須田英祐

また、不動産の買取業務も行っています。一戸建てやマンション、土地などの買取を行っていて、価値が気になる人のために査定を無料でしているのが特徴です。このように不動産に関する幅広いニーズに応えているのがキラックスです。不動産に関して悩みや希望があるならば、気軽にキラックスまでお問い合わせください。

01キラックスとは

須田英祐が代表を務めるキラックスとは、神奈川県横浜市で平成7年に設立された不動産会社です。不動産売買や建物管理などの各種不動産業務の他にも、冠婚総代の互助会事業にも携わっています。
営業時間は9:30〜18:00で、毎週水曜日と第一と第三火曜日が定休日となっています。会社は東急田園都市線の青葉駅から徒歩5分とアクセスしやすい場所にあります。
不動産会社が取り扱う物件には親などから相続したものも多く、キラックスでは法律や税務の専門家とのネットワークを築いて、相続相談にも対応しています。そのため、相続登記以外にも遺言書の作成などのサポートも行っていて、これまでの豊富な経験とデータに基づいた的確なアドバイスを無料で受けることもできるようになっています。
一般の葬儀価格よりもお得に利用できる冠婚葬祭互助会サービスを利用するお手伝いもしていて、費用面以外にも多くのメリットを受けられるサービスの詳細も無料で丁寧に説明してくれます。
月々わずかな掛け金で万一のときに備えられる互助システムを利用すれば、急に葬儀を行わなければいけなくなったときでも、費用の心配も負担も大幅に軽減することができます。

02初めての不動産を購入するときの取引の流れを紹介

キラックスでは不動産事業をメインにしていますが、初めて不動産を購入する方のためにも取引の流れを紹介します。
日用品を買うのとは異なり、不動産を購入するには契約手続きが必要となり、安価なものでもそれなりの価格になるため、購入に踏み切るのには希望条件をきちんと整理することからはじめなくてはいけません。
自分で住む住宅を手に入れるのであれば、住みたい地域、住居の種類、広さや間取や周辺の環境など様々な条件があります。
それと同時に決めなければいけないのが予算で、条件にピッタリ合った不動産が見つかっても、予算オーバーだと手に入れることができませんし、予算を決めなければ依頼された不動産会社も物件を探すことができません。
ご自身で不動産を探す場合は、地域が限定されていれば足を使う方法もありますが、それではどこの不動産が売りに出されているか分からないため、まずはインターネットや新聞の折り込み広告などに頼るのが一般的な探し方です。
目ぼしい物件を見つけたら、現地に見学に行きましょう。購入する意思が固まったら、資金計画を立てて物件購入の申し込みをして不動産の売買契約を結ぶのが、一般的な不動産を購入する流れです。

初めての不動産を購入するときの取引の流れを紹介

03キラックスが提供している互助会制度に関する3つのお悩み

1.互助会制度とは
互助会制度というのは、お葬式や結婚敷など、修礼おとずれるセレモニーに備えて会費を積立てていくシステムです。少額の積立金を一定期間払い続けることにより、経済的にお葬式を執り行うことができるようになります。
特徴的なのは、積み立てた現金だけでなく、契約額に応じたサービスを受けられる点で、いざというときの会員の負担を軽減させることが互助会制度の目的となっています。

2.葬儀プランに見合った互助会を選択しよう
キラックスが提供している以外にも互助会はありますが、互助会によってサービス内容は異なりますので、互助会制度でお得にお葬式を挙げたいと思っているなら、葬儀プランに見合った互助会を選択することをおすすめします。
キラックスが提供している互助会に加入すると、直営斎場を割引価格で利用できるなどのメリットがあります。

3.互助会制度の注意点
互助会制度を利用して会費を積立しておけば、いざというときに葬儀場などのサービスを受けることができますが、親族が積立したことに気づかずに他の葬儀場を利用してしまうようなこともあるようです。

04不動産会社の種類について詳しく紹介

不動産 キラックス

一口で不動産会社と言っても、対応している事業内容によっていくつかの種類に分けられます。
不動産会社は土地や建物の不動産を売買して利益を得て生業を立てていると思っている方も多いと思います。不動産会社であれば、どこでも不動産の売買に対応できますが、それ以外にも利益を得る方法はたくさんあります。不動産会社の中には、不動産を開発する「デベロッパー」と呼ばれる業者もあって、詳しくは大規模な土地開発やオフィスビルの建設やリゾート地の開発や大掛かりな街づくりを手掛けていて、主に大手不動産会社や財閥企業がデベロッパーの仕事をしています。
不動産会社の中には「不動産代理会社」と呼ばれる業者もあって、デベロッパーの開発した物件やハウスメーカーの住宅などを売主に代わって販売するのが主な業務です。
投資物件の管理を専門に手掛けている不動産会社は、「管理会社」と呼ばれていて、管理会社は清掃や警備などを請け負う他にも建物のメンテナンスや修繕や居住者のクレーム対応や家賃管理なども行う場合もあります。
このように、不動産会社にはメインにしている業務によって種類が分かれています。

05横浜市青葉区にある不動産会社

横浜市青葉区に拠点を構え、不動産の仲介業務や建物買取業務、不動産の相続コンサルティンヴなどにも対応しています。
横浜市青葉区は、横浜市の北部に位置し東京都にも隣接しています。メインで青葉区民に使用されている東急田園戦は、渋谷駅に直結しています。
東京へのアクセスが良いことから、東京へ通勤している人の割合が横浜市内で最も多く、感覚的には東京都内に住んでいるといってもいいでしょう。
青葉区内にある「あざみ野駅」には、東急田園都市線の他にも横浜市営地下鉄ブルーラインも通っていることから、横浜市駅方面へも行きやすい環境にあります。
青葉区は、その名前からも想像できるようにとても緑の多い街で、街路樹と公園の数は横浜市内で一番となっています。
街路樹にはイチョウ、サクラ、ハナミズキなどが多いため、四季を通じて美しい花や紅葉を楽しむことができます。
あざみ野駅周辺には学習塾が多く、青葉区は私立中学への進学率も市内でナンバーワンとなっています。そのため、教育熱心な家庭が多いことも特徴です。
学習塾以外にも習いごとの教室が多く、スイミング、野球、体操などのスポーツ関連から、ピアノ、バイオリン、声楽などの音楽系の塾など、あらゆる種類の教室が揃っています。

06不動産を取得する際に必要になる諸経費の相場はどのくらい?

多くの方が一生で最も高い買い物になるマイホームをはじめとして、高額な不動産を購入する際には、物件本体の費用以外にもさまざまな諸経費が発生することになります。
本体価格が数千万円になることが当たり前の不動産ということで、諸経費もそれなりの金額になることは容易に予想できると思うので、不動産を購入する場合は諸経費も含めて予算を組む必要があります。
一概には言えませんが、不動産購入時にかかる諸経費の目安は、新築物件の場合は本体価格の3〜7%、中古物件で6〜13%程度となっています。
つまり、本体価格が3,000万円の場合、新築物件だと90〜210万円が、中古物件だと180〜390万円もの諸経費がかかることになります。
具体的な諸経費の内容としては、最も大きな金額になるのが仲介を依頼した不動産会社へ支払う「仲介手数料」です。

不動産を取得する際に必要になる諸経費の相場はどのくらい?

仲介手数料には法律によって上限が定められていますが、一般的には400万円を超えた物件では売買価格の3%プラス6万円を不動産会社に支払うことになります。
ただし、仲介手数料に下限はないため、交渉などによりこの部分を押さえられれば諸経費を大幅に削減することが可能です。
その他にも、「印紙代」「登録免許税」「登記費用」「不動産取得税」「水道加入負担金」などいろいろな費用がかかり、住宅ローンを組む場合は融資手数料や保証料なども発生します。

07マンションを購入するときの3つのポイントとは

01災害リスクに注意しよう

火災保険に加入することはマンションなどの自宅を購入するときの基本ですが、保険ではカバーできない災害に遭う可能性も十分に考えられるので、高額な不動産を購入する場合は災害リスクに注意しなければいけません。
物件の災害リスクを判断するには、各自治体が公開しているハザードマップを確認するのがおすすめです。判断が難しい場合は、信頼できる不動産会社に相談しましょう。

02資金計画をしっかり立てることが大事

勢いでマンションを購入する方も少なくないようですが、資金計画も立てないで高額な不動産を購入すると、後から痛い目を見る可能性が高くなります。
自宅にマンションを購入するほとんどの方は住宅ローンを組みますが、加入のタイミングによっても損をすることもあるので、その点にも注意してマンションの購入時期を決定しましょう。

03マンションを購入するときには市場価値を把握しよう

相場よりも高い価格でマンションを購入させられないように、購入したいマンションの市場価値はきちんと確認しましょう。
マンションの販売価格は売主や不動産会社が自由に設定できるので、市場価値を大きく上回る場合もあります。
高い場合は値引きをするという方法もあります。また、同じ物件を扱っている不動産が複数あるケースも多いので、その場合は1社だけではく複数社と交渉してみることをおすすめします。

08信頼して仲介を任せられる不動産会社を選ぶポイントとは

不動産会社はどこの街にもたくさんあるため、どこに仲介を依頼すべきか迷ってしまいますが、取引する物件が決まっている場合は、その物件がある地域の不動産会社を選択することをおすすめします。なぜなら、地域の物件相場も把握しているし、地域の特性や住環境などの知識にも長けているからです。
対応の良さも不動産会社選びの大事なポイントです。不動産会社と取引するときには大きな買い物になる可能性が高いため、できるだけ気持ちよく取引したいものです。
どこの会社に依頼するかも重要ですが、誰が担当するかがより大きなポイントです。特にある程度長く密に付き合う場合は、担当スタッフとの信頼関係がとても大事になります。
電話対応やメール対応からも相手の人柄などが分かるので、自分と合わない、何か気になることがあれば、早めに他の不動産会社に切り替えましょう。
基本的にはほとんどの物件はどこの不動産会社でも取り扱いしているので、1つの不動産会社に固執する必要はありません。
担当スタッフは、難しい専門用語は使わないで、こちらの希望を真剣に聞いて考えてくれるかどうかもポイントです。

09土地の選び方でよくある相談とは

土地の選び方でよくある相談とは

自分が住む土地を購入するときには、不動産のプロである不動産会社にさまざま相談が寄せられます。
その中でも最も多いのは、どうやって購入する土地を選べば良いかということですが、建物のことも考え予算内で収まり、生活利便性をよく考えて選択することが大事になります。
広い土地が安く手に入っても、不便な場所で住みづらければ、その先問題を抱えたまま生活しなくてはいけなくなってしまいます。人生を長期的に考えて、自分や家族にとってどの立地がベストか考えて結論を出しましょう。
エリア選びで重要なポイントの1つには、通学や通勤の利便性が挙げられます。利用する交通機関も大切で、通勤や通学にかかる時間だけではなく、電車の込み具合も考慮してください。
多少時間がかかっても、始発の駅に近い場合は、座って通勤、通学できることになるので、体力的な負担に精神的な負担も軽減できます。
生活の利便性を高めるためには、買い物しやすい環境なのかも大事になります。スーパーやコンビニやドラックストアや、商業施設が近くにあれば便利です。
買い物だけではなく、病院や銀行や郵便局や警察署や役所などの公共施設の充実さも確認しましょう。

10取引に関することでよくある3つの質問

質問 重要事項説明書とは何ですか?
回答 重要事項説明書とは、不動産の取引を行う際に、不動産の関する権利関係や取引条項などの詳細な内容を記載されている書類のことです。
重要事項説明書は、契約を交わす際に、宅地建物取引士の資格を持った者が書面を交付して説明しなくてはいけないことが、法律によって定められています。
そのため、資格を持たないスタッフは重要事項説明書に関する説明をすることはできず、それまで担当してくれたスタッフが、そのときだけ他の人に変更になる場合も良くあることです。
質問 不動産取引の契約をした後で契約を解除することはできる?
回答 基本的に、法律に則って一度交わしてしまった契約を解除することは難しく、契約解除をした場合は、不動産売買代金などの10〜20%程度の重い違約金が発生してしまうことになります。
不動産取引では数千万円の額になるケースが多く、1億円を超えることもあるため、違約金の大きさは分かると思います。
契約解除をしなくても良いように、契約書にはしっかり目を通して、気になる点については事前に確認しておきましょう。
質問 不動産を売買する際の手付金の額は?
回答 不動産取引における手付金の額については、特に決まりはありません。ただし、一般的には売買価格の5〜10%になるケースがほとんどです。
手付金を少なくすることもできますが、少ない場合は手付解除を容易にさせてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

11会社選びの注意点とは

POINT どんなにネット上で評判が良い会社でも、店舗や担当者によって接客や取り扱いしている物件なども異なるため、一概に会社だけで利用先を決めるのは危険です。
賃貸物件を探してもらうときでも、それなりに高額な仲介手数料が掛かり、引越し時にはかなりの費用負担も強いられます。
ましてや不動産を購入するとなると、数千万円単位のお金が動くことが当たり前となり、不動産会社に支払う手数料も相当な額になるため、せっかくなら良い取引ができる会社を選びたいものです。
不動産会社の注意手数料はどこも同じではなく、物件ごとによっても異なるため、利用する会社を選ぶときにはその点も注意が必要です。
一昔前だと、いろいろな不動産会社を自分の足で回って取引先を選ぶのが当たり前でしたが、今の時代はインターネットで事前に各社の情報を調べることができるので、いきなり店舗を訪問するような無駄な手間は避けて、評判の良い店舗や担当者情報を仕入れることをおすすめします。
今では物件情報もネット上で詳しく調べることができて、複数社で共有している物件も多いので、値段や仲介手数料などやその他にも掛かる費用なども事前に確認してうえで、取引先を決定してください。

12不動産投資をはじめる際に覚えておくべき用語

不動産投資は、きちんと物件を選んで運用すれば利益を出しやすい投資と言われていますが、基本的な知識がないまま初めてしまうと、失敗する可能性を高めてしまいます。
不動産投資を行ううえで、最低限覚えておくべきことが、「表面利回り」と「ネット利回り」です。
物件を探しているときに、お世話になる不動産会社などに「利回り〇○%」という説明を受けることはよくありますが、これは回収率を表しています。
具体的には、不動産の売買金額に対し、年間何%回収できるかという数字を表しているのです。たとえば、利回りが10%であるなら、100%回収するのに10年かかることになります。
表面利回りは、年間家賃収入÷不動産売買価格(税込み)の計算式で表示されることがほとんどで、その字の通りに表面的にみた利回りのことです。あくまでも大まかな指標で、計算の中に経費などは含まれていません。別名「グロス利回り」とも呼ばれています。
ネット利回りの計算式は、実質の年間家賃収入÷不動産売買価格(税込み)で、そこには管理費や清掃代や電気代や固定資産税などの経費も含まれており、実際に手元に残る収入を表しています。

FAQ一覧

お役立ち情報

不動産会社の選び方 所有している土地の買い手を見つけてくれる仲介業者である不動産会社の正しい選び方を紹介しています。
悪徳業者の特徴なども書かれているので、不動産売買を今後行う予定がある方は、じっくり読んで参考にしてください。
不動産は早く手放した方が良い? 相続して自分では使い道がない不動産を早く手放すかどうかの悩みについの答えが書かれています。
不動産を売却するにはメリットもあればデメリットもあり、それが良く分かる内容となっています。
不動産取引での注意点とは 不動産取引を初めて行う方に、不動産会社の選び方と取引での注意点を紹介しています。
不動産取引において売買契約書がいかに重要なものかが分かる内容となっているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
不動産の価値に影響する一般的要因とは 不動産の価格を形成する一般的要因について説明した内容になっています。
一般要因には主に4つに分けられ、大きな景気の変動によって賃料にもかなりの影響を及ぼすことが分かるようになっています。
少額でできる不動産投資はないの? 十分な資金がない人でもできる不動産投資の方法を紹介しています。
将来不動産を購入して家賃収入を得たい方やキャピタルゲイン方式で利益を得たい方にもおすすめの内容になっているので、ぜひ参考にしてください。
不動産を所有するデメリットとは 田舎の不動産を所有することで生じるデメリットについて解説しています。
金銭的なこと以外にも予期せぬ事態になるケースが多いことも記載しているので、今後田舎の不動産を相続する予定のある方には参考になると思います。

PageTop

mail